そろそろ白髪染めを始めようかな。そんな私が白髪染めについていろいろ調べました。

白髪染めと皮膚症

美容室で染めるよりもお金を節約できることや染めたいと思ったときにいつでも染められるということで自分で市販の白髪染めを使って、白髪染めをしている人も多いと思います。
愛用している市販の白髪染めがあるという人も多いと思いますが、素人にもきれいに染められる白髪染めには、美容室で染めるよりも強い化学成分が使用されていて、刺激が強いばかりではなく、毒性が強いという市販のヘアカラーの問題点があります。

女性 髪08酸化染料という染め剤で、白髪を染めると、このジアミンと言うのは、刺激が強いため、髪や頭皮にダメージを与えてしまうのは有名ですよね。
もちろん、すぐにひどいダメージが与えられるわけではないのですが、白髪染めは繰り返し行うものなので、白髪染めを続けるほど、そのダメージは髪と頭皮に蓄積されてしまいます。
さらに、ジアミンは髪や頭皮にダメージを与えるだけではありません。
実は、経皮毒として、皮膚から体内に入って蓄積していくといわれているものなんです。
経皮毒は、皮膚が弱い人だと、かぶれたり湿疹が出たり、赤みなどの症状となって現れるため体に蓄積される前に使用を止めることができますが、皮膚が強い人はこういった症状が出ることはありませんので気づきにくい部分もあるので注意しましょう。

最新記事

  • s女性 笑顔09

    美容室で染めるよりもお金を節約できることや染めたいと思ったときにいつでも染められるということで自分で市販の白髪染めを使って、白髪染めをしている人も多いと思います。 愛用している市販の白髪染めがあるという人も多いと思います …

    白髪染めと皮膚症

  • 女性 笑顔13

    天然成分の白髪染めが話題になっている今、やはりヘナの白髪染めはとても高い人気があります。 ヘナはインドや東南アジアなど世界の色々な地域に生息している低木ですが、 木の葉を利用して白髪を染めることになります。 このヘナの白 …

    ヘナより手軽な白髪染めトリートメント

  • 女性 笑顔 髪

    白髪染めは1剤と2剤をハケやクシで塗るような乳液タイプが一般的なのですが、最近泡タイプも人気となっています。 泡タイプの魅力は塗りやすさにあるのですが、泡になっているので液が垂れてくるような心配がなく、 髪の毛に密着し、 …

    トリートメントタイプの白髪染めの魅力