同棲にあこがれる

74cc0cb144477826ff5cde68002c24a6_s

好きな人と同棲したいです。しかし!好きな人は、見つからないままです。逆に好かれることが有るけれど、そういう追っかけられる立ち位置は、だいぶ苦手です。相手が見つからないので、貯金に励めばよいとわかっています。貯金に励むっていうことは、行動制限が生じます。今まで食べていたコンビニのスナック類なんて、浪費の一つだと気がついて、絶対的なSTOP!です。面白くない毎日は、継続なんて無理なのです。
せっかく実家を出て、引越しの成功が実現化されると思ったら、やはり私はもう一つ、頑張りが足りてないことになっちゃいます。
最近のギャンブルは入店しないが、他の浪費ならば得意な私です。生活に使わないものばっかり買ってしまう私は、心の病気だとも薄々気がついています。何かしら小銭を持ち歩き、出費を継続しないと安心感が得られない、厄介な心の悪癖です。
ここまで書いてきても、これで良いのだ!と考えることが最終的には賢明なのです。初めから、引越しなんて出来っこないのです。自分以外の人間と長期的に暮らすこと、甘くないゾ!って友人から聞かされたこともあります。血のつながりがない異性は、想像以上にコントロールができないらしいのです。さすがに、相性さえよければ長続きも不安なんて不要、やはりマッチングテストは絶対的です。
私自身、相棒としての相手が居なくても、やがていつかは自分以外の誰かと暮らすべきです。もちろん、同じ性ではなく異性です。自分自身は一生孤独で生きていけるはずがないので、それはつまり、今の住所に住み続けないという未来も決定的です。引っ越しって言っても、遠い距離へ移住すべきとは限りません。身近な土地で急に空き地ができたりもします。
お金の準備さえ整っていれば、引越しも難しくないという点、いつまでも覚えておくべきなのです。難しいことは何も言ってないつもりです。

合わせて読みたい記事